Akimasa Net >> ひろしま百山(私の踏み跡) >> 黒滝山・白滝山(山行記)

<白滝山 展望図>呉線沿線

<はじめに>

白滝山からは360度の展望を楽しめる。

白滝山335:鷹ノ巣、カンノ木、天神嶽など
白滝山027:大峰山、竜王山など
白滝山079:葉田竜王山など
白滝山127:因島、高根島、生口島、多々良大橋、伯方島など
白滝山177:黒滝山の向こうに大三島
白滝山229:大崎上島、大崎下島、豊島、上蒲刈島、下蒲刈島、倉橋島、東能美島など

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図
25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。
(承認番号 平14総使、第485号)。なお、方位は真北から。

白滝山335:鷹ノ巣、カンノ木、天神嶽など

2004年04月03日山行記の一部として

方丈石(八畳岩)から北をみる。白滝山から北へ延びる尾根の先に電線鉄塔(250m台)がある。その左奥(本郷ゴルフ場の向こう、新幹線手前の位置)にある327.7m三角点から左に三つの小ピークをみる。3連峰の右奥にわずかに見えるのは篁山であろう。その左右奥にうっすらと見えるのは、鷹ノ巣、カンノ木であろうか。広島空港さえ霞んでよくわからない。

画面右手、JR本郷の向こうに、180m台ピーク(新高山城址)、190.2m三角点(高山城址)、および177mピークをみる。大万木山は、可視マップ一発判定では前方の山にはばまれるとの判定がでている。

画面下に小泉の集落をみる。今日の下山地点である。

白滝山027:大峰山、竜王山など

2004年04月03日山行記の一部として

電線鉄塔の向こうに大峰山をみる。その右手に竜王山が大きい。

白滝山079:葉田竜王山など

2004年04月03日山行記の一部として

白滝山の南南東318mピークが大きい。その左肩にある電線鉄塔と318mピークの間に葉田竜王山がある。葉田竜王山から南西に走る尾根は、415mピーク、284mピーク、242.3m三角点を経て海にぶつかる。284m〜242.3mの間にうっすらと佐木島(250.6m三角点〜260m台ピーク)がみえている。その向こうまではわからない。

白滝山127: 因島、高根島、生口島、多々良大橋、伯方島など

2004年04月03日山行記の一部として

海岸線を242.3m三角点、228.2m三角点、181mピークが走る。
228.2m三角点の左奥に、高根島(322mピーク〜310.2m三角点−高根山)をみる。
右奥に、生口島(418mピーク〜396.1m三角点〜472.3m三角点−観音山)をみる。
多々良大橋はよく分からない。

白滝山177:黒滝山の向こうに大三島

2004年04月03日山行記の一部として

南の方角に龍泉寺境内の満開のサクラを見おろす。その向こうに黒滝山、さらに奥には大三島がうっすらとみえる。しかし、細かい部分ははっきりしない。四国の山々は 霞の中に隠れる。

大三島:
167mピーク
436.5m三角点−鷲ヶ頭山
394.9m三角点−二反山
257.1m三角点−安神山
351.6m三角点−大空山
256.4m三角点−三本榎
435.2m三角点−薬師山
212.0m三角点−鏡山

白滝山229: 大崎上島、大崎下島、豊島、上蒲刈島、下蒲刈島、倉橋島、東能美島など

2004年04月03日山行記の一部として

大崎上島(452.6m三角点−神峰山)、大崎下島(449.3m三角点)、豊島(309m)、上蒲刈島(457.0m三角点−七国見山、420.8m三角点)、下蒲刈島(275m−大平山)、倉橋島(455.8m三角点−後火山)、東能美島(438m−陀峯山)と並んでいるはずである。しかし、渾然一体となってはっきりしない。

それらの向こうに、周防大島(大見山〜白木山〜嵩岳〜嘉納山)があるはずだが分からない。
膳棚山、弘法寺山もわからない。

白滝山275:野呂山、朝日山、曾場ヶ城山、虚空蔵山など

2004年04月03日山行記の一部として

382.8m三角点−平家山の左奥に野呂山(弘法寺山、膳棚山)がある。膳棚山から北へ流れる(723.6m三角点〜678.9m三角点〜501.2m三角点(大平山))稜線がある。ただし今日はいずれも見えない。382.8m三角点の右奥も同じく見えない。

Akimasa Net
http://www.akimasa21.net/
− 21世紀は環境の世紀 −